スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プノンペン 

2005年 カンボジア

もう1年以上も前の事ですが、
初めてのアンコールワット遺跡へ行ったとき、出会ったカンボジアの猫たちです。

時は2005年12月
バンコクで飛行機を乗り継ぎ、首都プノンペン入り。
街の通りには、フランス統治時代の趣が残る建物が立ち並び、
その1階部分がオープンテラスとなったカフェが軒を連ねる。
そんな一軒の中、まったりとビールを飲んでいると黒い陰が・・・
ca01.jpg

ca02.jpg

店の片隅、
お供え物のところにニャンコご飯も置いてあった。
人懐こいコでした。
カンボジア初日から抱っこできるニャンコに遭遇して~もうシアワセ



---------------------------------------------------------

市内の小高い丘の上にあるワット・プノンはたいへん歴史のあるお寺。
本堂で参拝した後、建物を回り込むと・・・
ca03.jpg

ca04.jpg

サビちゃん、爆睡中。
参拝者がすぐ脇を通り過ぎても微動だにしません。

ca10.jpg

広大な園内では象が自由に歩き回り・・・!?
いえ、ちゃんと後ろに象使いさんがいます。

【プノンペンで利用したホテル】
Hotel Cambodiana Phnom Pen
カンボジアーナ
11.jpg


国名を冠した老舗高級ホテルなのだが、
いかんせん古い・・・
設備関係がどうしても劣ります。
ぬる湯(水に近し)しか出なく、
おまけにコンセントのプラグの形が合わなく(C型が使えなかった、他の手持ちの物も試したがダメ)
手持ちのドライヤーが使えず、髪が乾かせずに初日から風邪を引いてしまった。
この後、体調不良を後半まで引きずるハメに。

到着日は疲れているからゆっくりお湯に浸かって、
暖まって寝たいんです~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miechiwa.blog1.fc2.com/tb.php/135-1f9baee7

プノンペンプノンペン(Phnom Penh、タイ語表記は??????)はカンボジアの首都で、国内最大の都市。メコン川とトンレサップ川の合流点に位置する。フランス植民地時代の美しい街並みが残っている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。